ストレスだった私の脇毛処理

もし脇毛を男性に見られてしまったらどうしよう、なんて恐怖を夏になると私はいつも感じていました。
脇毛の悩みはたえず私につきまとっていて、中学生くらいからかなりのストレスになっていました。
私のわき毛はとても剛毛で、剃ると黒い点々が残っていかにも剃ったという感じになり、抜くとその時はとても綺麗になるのですが、3日くらいたつと皮膚の中からでてくる毛がふさがった皮膚を突っ切って出ようとするので皮膚が盛り上がり、完全に毛が頭を出すまでにとても汚い状態になります。しかも痒くなったりして皮膚のトラブルにもなりました。
とにかく私のわき毛は問題だらけでした。
このストレスから早く解消されたいと思い、私は社会人になって3年目にしてようやく脇毛の永久脱毛をすることを決意しました。
3年待ったのは、もともと生えている毛を無理に生えてこなくさせることは本当に大丈夫なのかという点で悩んでいたことです。
まず脱毛サロンへ行き、そのことを相談しました。すると先生はあっけらかんとしてもともと脇毛はなくても大丈夫なものだと教えてくれました。それは良かったと、私は早速脇毛の永久脱毛を申し込みました。
レーザー脱毛で、両脇15万くらいでした。1回の処理では肌に負担もかかるので完成できないので、数回にわけて通うことになりました。だいたい二週間に1回くらいのペースで処理が終わったらまた毛を少しのばして次回に臨むという感じでした。
脇毛の処理ができない状態になるので彼氏がいたり夏場の場合は大変です。私には幸いにして当時彼氏はいませんでしたし、春だったのでギリギリ間に合いました。
最終的にはうぶ毛の状態になり、その後は全くあの太い毛は生えてきていません。心なしか匂いも減った気がしてとても満足しています。